聖ドミニコ学院小学校の日常をお伝えします。 活動日記ブログ

授業参観

 

今年度最後の授業参観が今週から始まりました。

 

特に6年生は,聖ドミニコ学院小学校で行う,最後の授業参観となります。

 

6年間の終わりとして「感謝」をテーマに,これまでの思い出を振り返り,

 

保護者の方々へ感謝の気持ちと卒業の報告をしていきました。

 

「思い出プレイバック」のスライドショーでは,1年生からの思い出話に花を咲かせました。

 

その後,家の人へ感謝の手紙を渡しました。

 

普段は恥ずかしくて中々言えないことも,手紙にして伝えたことで,子供たちも嬉しそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

この後,6年生の活躍の場は卒業式を残すのみとなりました。

 

ドミニコ小で過ごした日々が子供たちの財産として残るように,学校全体で6年生にエールを送っていきたいと思います。

 

 

 

【児童会役員選挙】立会演説会

頼もしかった6年生の卒業までほぼ一か月となりました。

ドミニコ学院小学校も新年度の体制へ向け急ピッチで動き出しています。

その一つが児童会役員選挙です。

今回は新型コロナウイルス対策として

演説会場の講堂の様子をインターネットで各教室へライブ配信しました。

 

志をもった15名の立候補者が、自らの情熱はもちろん、

来年度は自分が役員となることでどんな学校にしたいのか

そしてそのためにはどのような具体的な取り組みを考え実行しようとしているのかを

今日の演説会にてアピールしていました。

子供たちの演説内容は感心させられるものが多かったです。

しっかりと内容を練りこんできているのがわかります。

また、ジェスチュアーを交えながら相手に分かり易く伝えようとするもの、

キャッチ―なコピーを前面に押し出して自分の名前を覚えてもらおうとするもの、

実に様々です。

また、子供たちのポスターも手作りでアイデアあふれるものばかりで

たいへんすばらしく思います。

 

投票日は25日です。

本日立会演説をした15名の中から

会長・副会長・書記が選出されます。

 

 

追伸

昨年12月に行われたクリスマス会のムービーをアップしました。

どうぞご覧ください。

 

 

 

体育

低学年では、体育の時間に跳び箱の授業に取り組んでいます。

 

今年度から導入している学校タブレット利用し、遅延再生ソフト活用しています。

事前に確認しているポイントを意識しながら、チームごとみんなで動画を見合いアドバイスをし合っています。

ICT機器を利用することで、みんなが積極的に取り組むことができています。

また体育で大切なのは技能習得ですが、それだけでなく体育の時間内での言語活動能力や課題解決能力も身につけようと子供たちは努力しています。

 

 

これからも全員で協力し合いながら正しい跳び方を学び・そして高い段数にもチャレンジしていきます。

 

委員会見学

 

本校では図書、飼育、放送、園芸、保健、奉仕、給食の7つの委員会と児童会があり、4年生から6年生が活動しています。

 

2月1日(月)に、進級を控えた3年生たちが来年度の委員会参加にむけて、委員会見学を行いました。

 

図書委員会見学の様子です。図書委員長が3年生に委員会の説明をしています。3年生はメモを取りながら一所懸命、見学していました。

 

 

園芸委員会では、4~6年生と共に実際に活動体験をしました。学校の花壇にお花を植えていますね。

保健委員会では、「みんなが手洗いをするためにどのような活動をしたら良いだろう?」という議題を委員会メンバーと共に考える体験を行っていました。

 

 

今回で委員会のことを学んだ3年生は、それぞれが得意なことや好きなことを活かして、来年度からの委員会活動を頑張ってくれることと思います。

残り2カ月!

 

校内書写展が今週で終わり,

 

検定関係も,漢検・英検は今年度の日程が全て終了し,

 

数検を残すのみとなりました。

 

コロナ禍の中で,2か月間遅れて学校が始まったかと思うと,

 

あっという間に年末になり,新年を迎え,

 

もうすぐ1月が終わろうとしています。

 

時の早さには驚かされますね。

 

6年生の卒業式まで残り2か月。

 

これからも変わらず,毎日楽しく過ごしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書写展が開催されています!

先週22日(金)から今週29日(金)まで「校内書写展」が開催されています。

 

入賞者選考審査は、全教師で行われましたが、

「お手本より美しい字なのでは?」

「A君の伸びしろがすごい。がんばったんだなぁ!」

「バランスのとり方がいい。字の濃さを通して力強さも伝わってくる。集中していたんだなぁ。」

などと、皆口々に子供たちのがんばりを絶賛していました。

 

子ども達が下校してから時間を置かずに作業を始めたはずなのですが

気が付いたら窓の外が暗くなってしまっているほど

全ての学年の作品に努力の跡が見られ、非常に濃い内容となっており

審査に時間を費やしていました。

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

保健委員会

2021年がスタートし寒い日々が続いていますが,校舎には元気な声が戻ってきました。

 

今回は,保健委員会の活動を紹介します。

今年度はコロナウィルス感染症の関係で保健委員が常時活動で行っていた,歯磨きの呼びかけを中々できない状況でした。

そこで,保健委員会がどうしたら全校生に歯磨きを習慣づけられるのかを考え,「冬休み歯磨きチャレンジシート」を配り,冬休み中に全校生へ参加を呼びかけました。

 

その結果、全学年で2年生が一番の多くの参加率・提出率となり、保健委員会から表彰されました。

全校生が健康・安全な生活を送れるよう,必死に考え実施してくれた保健委員会の皆さんに拍手!!

 

これからも更に全校生がより良く学校生活を送れるよう,各委員会の活動にも期待したいと思います。

 

合唱団、快挙!

 

12月19日(土)、宮城県アンサンブルコンテストが若林区文化センターで行われました。本校の合唱団も2チームに分かれて出場しました。

 

今年初めてのコンクールです。コロナ禍のため、無観客、マスク着用のステージでしたが、子供たちはこれまでの練習の成果を十分に発揮し、美しい歌声を会場いっぱいに響かせました。

結果は見事

 

ヴェリタスチーム 第1位 河北新報社賞

カリタスチーム 第2位 カワイ賞 に輝きました。

今後も一致団結して練習して、絆を深めながら練習していきます。

 

クリスマス礼拝会

 

小学校が冬休みに入る前に,

クリスマス礼拝会を行いました。

 

前年度までと異なり,今年は17日(木),18日(金)の2日間に分け,

規模を縮小し,安全対策をきちんと行った上での実施となりました。

 

本当のクリスマスとは,

イエス様が生まれたことをお祝いし,

私たちの心にイエス様をお迎えすることです。

 

今年も,6年生や合唱団を中心に11月から準備を進めてきました。

この日も,合唱団の歌や,6年生の聖書朗読などによってクリスマスの喜びを全校に伝えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドミニコ小は明日から冬休みに入ります。健康・安全に気を付けて過ごしてほしいと思います。

 

良いクリスマスをお過ごしください。

 

 

 

【小中連携】5年理科授業

12月9日(水)の3・4時間目、

小中連携の一環として、中学校に行って5年生が理科の授業を受けました。

 

理科を専門とする中学校の先生方のご指導と

中学校ならではの豊富な実験道具を前にして

子供たちのわくわくは止まりません。

早速実験を始めます。

二つの実験も何のその、

先生方のサポートでスムーズに進みます。

あっという間に、80分が過ぎてしまいました。

「物の溶け方のきまりについて考え、水の量や温度を変えたときの物の規則性について捉えることができる。」

というねらいについて、十分に達成できたと思います。

TOP