聖ドミニコ学院小学校の日常をお伝えします。 活動日記ブログ

卒業式

今日は第61回聖ドミニコ学院小学校の卒業式が行われました。

晴れ渡る空の下で,6年生も清々しい顔をしていました。

6年間育った学び舎とも今日でお別れです。

6年間同じクラスだった仲間たちとも今日で離ればなれです。

ドミニコの顔として1~5年生を引っ張っていってくれた6年生たち。

新しい道には不安と期待でいっぱいでしょう。

みんなの歩んでいく道が光で溢れるように教職員一同,心からお祈りいたします。

中学校でも笑顔で頑張ってください!遊びに来てくれるのをみんな待っていますよ!

 

CANDLE NIGHT 2019

3月11日、聖ドミニコ学院小学校合唱団は勾当台公園市民広場で行われた

「CANDLE NIGHT 2019」に参加してきました。

この催しは東日本大震災で犠牲になられた方々への鎮魂と、ご支援を頂いた方々への感謝の気持ちを忘れずに、震災の風化防止と防災・減災意識を高めるため、2012年から行われています。2018年から仙台市内の高校生が運営の中心となり、若い世代が復興への後押しを担っています。

そんな頼もしい高校生がつくりあげたステージで、私達合唱団も祈りの曲を届けてきました。

在仙歌手の伊藤洋平さんとも共演しました。

「ありがとう」笑顔になれる素敵な曲です。

 

生きていること、仲間と合唱ができること。

当たり前のことではなく、全てのことに感謝することの大切さを改めて感じた一日となりました。

キャンドルの灯りは、私達の心にも光を灯してくれたようです。

6年生を送る会

3月5日(火)の5,6時間目を使って6年生を送る会が行われました。

6年生に楽しんでもらうため,5年生が中心となって一生懸命準備をしてきました。

6年生が入場し,5年生の司会のもと,6年生を送る会が始まりました。

開会式の後はたてわりごとに分かれ,6年生と一緒に遊びました。

どの班も楽しく遊び,6年生との思い出を作ることができました。

その後は体育館に集まり,すてきな歌の交換,卒業記念品の贈呈が行われました。

1~5年生も,6年生もすてきな歌声でした。

また6年生から手作りの「ボール置き」をいただきました。外遊びで使うボールを学年ごとに

置けるものです。大切に使ってほしいと思います。

最後に6年生から5年生への「引継ぎ式」が行われました。

1年間学校の中心として活動してきた6年生。これからは5年生が学校の中心となって活動していきます。

立派だった6年生のように,どの学年もこれから成長してほしいと思います。

 

卒業生と一緒にバスケ!

今日はバスケットボールのクラブの練習がありましたが,卒業生が5人来てくれました。

高校3年生の子が4人,大学2年生の子が1人です。

先生たちよりも体が大きく成長した子もいました。

みんなで練習したり,試合をしたりして貴重な時間を過ごしました。

さすが,高校3年生と大学2年生。とても上手で子どもたちにとっても良い練習になったことと思います。

卒業生が何歳になっても,遊びに来てくれるのもドミニコの魅力の1つですね。

 

いろいろな交流

昨日は今年度最後のクラブ活動がありました。6年生にとっては最後のクラブ活動です。

音楽クラブは練習してきた合奏を1年生に披露しました。

曲は『情熱大陸』。 音楽クラブの迫力のある合奏に1年生は聴き入っていました。

6年生は最後のクラブ活動で寂しいですが,また1つ,1年生にとっての憧れが増えたことと思います。

また,今日は放送委員会が行っていた紙芝居コンクールに応募された作品を4年生が1年生に紹介してくれました。

4年生の紙芝居の上手な読み方に1年生はじっくりと聞いていました。

このように,色々な場面で多学年交流があるのもドミニコの良いところの1つですね。

TOP