聖ドミニコ学院小学校の日常をお伝えします。 活動日記ブログ

運動会

 

10月30日(金)に運動会が行われました。

例年であれば、保護者の方々に来て頂き練習の成果を披露することができましたが、今回はコロナウイルス感染防止対策のため保護者参観はなく、子供達だけの運動会となりました。

しかし、子供達は前を向き「団結し、絆を深め、自分に負けずに突き進め、最高の新運動会にしよう」というスローガンのもと練習を積み重ねてきました。

 

1年生から6年生まで全員参加の徒競走です。1人1人チームのために一生懸命走りました。

 

 

 

 

合同競技の様子です。「練習よりも良い結果が出せた!」と喜ぶ子供達の姿が多く見られました。

 

各色対抗リレーではチームの思いを背負った代表の子供達が大校庭を駆け抜けました。

陣地で応援する子供達も白熱していました。

 

最後に6年生のフラッグダンスの披露がありました。

見ていた子供達から自然と拍手が起こるほど、6年生の気持ちがこもった素晴らしい演技でした。

今年度の優勝はブルーファイターズでした。

 

1人1人が努力して作り上げた「最高の新運動会」になったのではないかと思います。

今回経験したことを糧にして、これからの学校生活も頑張りましょう。

 

胡桃の木

 

 

小学校ができたときに植えられた,胡桃の木。

今まで,たくさんのドミニコファミリーを見守っていてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな胡桃の木ですが,根元が朽ちてきてしまい,

今回,伐採されることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送朝礼で子ども達に知らせると,

 

「えぇーーー!?」と

 

大きな声で驚きを隠せないようでした。

 

 

 

伐採された後も,変わることなく感謝の気持ちをもち続けていきます!

 

 

 

 

 

NHK全国学校音楽コンクール 特別企画『みんなのハモリ場』

合唱団にとって、コンクールは、大きな成長ができる特別なものです。

今年はいくつかのコンクールが相次いで中止に・・。

その中でもNHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)は、『今年こそ、全国に!!』という強い思いがあったので、中止の決定は、団の皆にとって、辛い出来事となりました。

そんな中、Nコンの特別企画、『みんなのハモリ場』というものがあることを知りました。

これは、今年の課題曲を歌って動画を投稿し、沢山の方々に聴いてもらおうというお楽しみ企画です。

『今年歌うはずだった課題曲を、今年しかいない皆で歌う姿を見せたい!一人一人の個性(個声)が生きるところを見てもらいたい!』

31人のドミニコ合唱団の熱い思いがつまった動画を作成しました。

昨日、Nコンホームページにもアップされたので、ぜひ、沢山の方々に聴いてもらえたら嬉しいです!

下記のURLから動画をご確認下さい。

https://www.nhk.or.jp/ncon/f-chat/2020_kikaku/post/miyagi.html#003

 

 

 

運動会に向けて

聖ドミニコ学院小学校では,コロナの関係で例年であれば5月末に実施していた運動会を今年度は10月末に実施することとなりました。

 

運動会に向けてのスタートの一つとして

10月5日(月),初めてのたてわり話し合い,各色の1~6年生の初めての顔合わせが行われました。

オンラインで運動会実行委員長・副実行委員長,運動会スローガンの発表を行った後、

各色6年生を中心に各色のスローガンの確認や徒競走の走順、新競技の確認をし合いました。

最後に,運動会に向けて各色意気込んでいる様子です。

翌日、10月6日(火)から「運動会がんばろう週間」が始まりました。

「運動会がんばろう週間」とは、運動会に向けて他学年と協力しながら競技練習を行い,本番に向け交流を深めることを目的としています。

15分休みに,1・2年生が協力し「玉入れ」の練習をしている様子です。

2年生が1年生へ,玉入れのポイント・コツを教えている様子もみられました。

残り約3週間,聖ドミニコ学院小学校として全校生で協力して「新しい運動会」を作り上げることができるように頑張っていきます。

 

学校見学

 

10月1日(木)、2日(金)の二日間学校見学が行われ、見学者の方にドミニコ小学校の授業や生活の様子を見て頂きました。

 

2年生は音楽・算数の2チームに別れての授業でした。

 

音楽の授業の様子です。手遊びでウォーミングアップをして楽しく学んでいますね。

算数の授業では、形の学習をしました。

 

 

見学に来て下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

 

TOP