2018年(平成30年)12月21日(金)、

本学院ヴェリタス館ドミニコ聖堂で、聖ドミニコ

学院中学高校のクリスマスが行われました。

 

 

 

 

 

 

幼子イエスの入堂に始まったクリスマス礼拝。

 

 

 

 

 

 

中高のクリスマス実行委員によって運ばれた

ロウソクの灯火を参加者みんなでキャンドル

サービスします。

 

 

 

 

 

 

今年のクリスマス礼拝にはカトリック仙台教区

からフィラデルフィ・パヴォル神父様が来て

くださいました。

 

 

 

 

 

 

参加者みんなで聖歌を歌いお祈りをしながら、

パヴォル神父様からクリスマスの意味について

お話していただきました。

 

 

 

 

 

 

良いクリスマスになりますよう、幸せな新年を

迎えることができますようにと、パヴォル神父様

から参列者一同祝福をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

クリスマス礼拝に続いて、仙台フィルハーモニー

オーケストラの3名のメンバーと本校の音楽科

木村匡子先生による、バイオリンとビオラ、チェロ

四重奏によるサプライズコンサートが行われました。

みんなが知っているクリスマスソングのメドレー

などを生演奏で聴くことができ感動的でした。

 

 

 

 

 

 

彡★演目★彡

♪モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

♪エドワード・エルガー「愛のあいさつ」

♪アストル・ピアソラ「アベマリア」

♪「クリスマスメロディー」

♪「Deck the halls(ヒイラギ飾ろう)」

♪ジョン・レノン「Happy Christmas

~War is  over~」

♪アラン・メンケン「美女と野獣」

以上7曲

 

 

 

 

 

 

どうぞ素敵なクリスマスと新年が皆さんのところに

やって来ますように!

良い冬休みをお迎えください。

(文責:キリスト教委員会 佐藤正久)