今回は特別進学コース1-1の「総合的な探究」の時間の様子をお伝えします。
現在第1学年では、SDGs(持続可能な開発目標)について考える取り組みを行っています。
この日の特別進学コースの取り組みは、SDGs が採択される15 年前の世界や現在の状況と比較しながら、これから迎える未来の社会がどうなってほしいか、話し合いながら考える取り組みです。生徒たちは「こうなってほしい未来」、「こうなるであろう未来への過程」をグラフに描き、各々プレゼンしお互いにフィードバックし合いました。
生徒たちは、一連の活動の中で、「こうなってほしい未来」を実現するためには、これまでにない発想や、これまで「当たり前」「常識だ」「変えられない」と思っていたことを疑ったり、変えたりすることが必要であると実感したようでした。