今回は特別進学コース1-1の「総合的な探究」の時間の様子をお伝えします。
現在第1学年では、SDGs(持続可能な開発目標)について考える取り組みを行っています。
この日の特別進学コースの取り組みは、「わたし・わたしたちとSDGs をつなげ」というもの。自分と自分が所属する社会が直面する社会問題を理解し、SDGs の理念やゴール(目標)との関係性に気づき、社会問題やSDGs のゴール(目標)間のつながりに気づくことを目的にしたアクティビティです。具体的には以下の方法で行っていきました。

• 自分の名前を紙の中央に書きます。
• 自分やクラス、街や社会に感じる課題や問題を周囲に書きだしていきます。問題間の因果関係やつながりがあれば、線でつなぎます。さらに発生しそうな問題や起こりそうなできごとがあれば、書き足していきます。
• 自分や自分たちの持つパワー(力や可能性、スキル)や取り組み、課題解決のきっかけを書き足します。今は持っていなくても、できそうなこと・可能性があれば書き足します。
• 関連するSDGs のゴール(目標)があれば、書き足します。
• 全体を見て、因果関係やつながりがあるところは、線でつないでいきます。

完成後、生徒たちは、プレゼンを行い、フィードバックをし合いながら、自分たちの置かれている状況を考え自分たちの課題をSDGsと関連させて考えていくことができたようでした。次回以降はクラス全員で協働して取り組む課題を設定し、10月の中間発表に向けて調査研究し、発表資料を作成していくことになります。