今回は高校1年1組(特別進学コース)の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
特別進学コースでは、生徒用システム手帳(サクセスノート)を活用して学習習慣を定着させ、自主性を育むようにしています。
この日の特別進学コースの取り組みは「第一学期考査の振り返り」をすること。サクセスノートをフル活用して行いました。
まず生徒たちはサクセスノートの「定期テストの記録」に各科目の点数と平均点などを書き込んでいきました。「ほめ!ポイント(良かった点)」「さらに!ポイント(改善すべき点)」「次のテストにむけて(改善策)」の項目に、自身を振り返ってじっくりと反省しながら書き入れていきました。高校に入学して初めての考査であった今回の試験でしたが、一人ひとり自身の取り組みについて反省するとともに、次回の考査に向けて具体的な対策を考えられているようでした。
サクセスノートを活用すること今回の問題点と次回に向けての改善点が可視化され、生徒たちはかなり学習方法がイメージできようになり、次回の考査に向けて気持ちを新たにできていたようでした。