11月12日~11月14日まで名取市民体育館にて第66回宮城県高等学校新人剣道大会が行われました。12日の個人戦では本校史上初めて、2年小山結衣が優勝、1年山下紗知が準優勝を収め、本校同士の決勝戦となりました。また、14日の団体戦では決勝戦で代表戦の末勝利し、念願の初優勝を果たすことが出来ました。昨年、一昨年と2年続けて決勝戦で敗退し、悔しい思いをしましたが、コロナの影響で高校総体が出来なかった3年生の分も頑張ろうと努力してまいりました。こういう形でご報告出来て嬉しく思います。今回優勝させていただいたので、2月に青森県青森市で開催される東北選抜大会、3月に愛知県春日井市で開催される全国選抜大会に出場させていただきます。宮城県の代表として上位入賞を目指して頑張りたいと思います。

これまでご指導いただいている諸先生方、日頃より多方面から支えてくださってる保護者やOGの皆様のご協力に深く感謝申し上げます。