国際ソロプチミスト茶話会 1n ドミニコ
11月4日(金)16時 聖堂多目的室。参加部員24人。放課後講習のため、途中からの参加生徒もあり。

ソロプチミストは、アメリカに本部のある、女性の活躍を支援する組織です。我がボランティア部は、佐藤わか子氏のご指導をたまわりながら、ソロプチミストに所属し、自分たちの活動の紹介などを続けています。
本日は、デートDVについての話し合いが、6名のソロプチミストの皆さんを交えて,熱心におこなわれました。

       2016hogosyakai-2nenn

s-img_1064

s-img_1051

     マリンバ奏者の加藤詢子氏から、「夢の実現」について、ご講演をいただきました。
    s-img_1070

 「ソロプチミストの皆さんと、はじめての会合でした。将来の夢についてお話ししました。私は、美容師になりたいという話をして、すごいね、がんばってね、と応援の言葉もいただいて、これからもっと努力しようという気持ちになりました。お菓子を食べながら、講師の方のおもしろい話や、他の部員の将来の夢、どんな職業に就きたいのかを聞くことができました。また、講話を聴いて、講師の方の経験などを知ることができました。
最初ソロプチミストと聞いてなんだろうと思っていましたが、女医による女性のための団体で、世界でも珍しいと知り、子のような体験に、ソロプチミストの皆さんと関わることができてよかったと思います。」(1年)

「講師の方の講演を聴きながら、自分の夢を現実化させるには、自分から発信することが大事で、もちろん自分の努力も大事だとわかりました。また、感極まって泣かれたシーンでは、こちらも泣きそうになりました。お母さんに恩返しできたということがあんなにも素敵で、…すばらしい…大切なことなんだな、と分かりました。
自分は自分で守らなきゃいけないですし、できる限り自分で責任を取るようにならなければいけません。ですが、家族に支えてもらうこと、家族に限らず、周囲の人に支えてもらうことがいかにあたたかく、大切なことなのかがよく分かった茶話会でした。」(2年)
                                         ( ボランティア部 )