聖ドミニコ学院高等学校

>VERITAS LIBERABIT VOS 真理を求め自由に生きる女性を育てます。

活動BLOG 聖ドミニコ学院中学校の日常をお伝えします。

令和元年度宮城県高等学校新人剣道大会結果報告

11月8日(金)~11月10日(日)に大崎市田尻総合体育館で宮城県高等学校新人剣道大会が行われました。個人戦においては、2年生の岩井が3位に入賞し、団体戦においては、決勝戦で代表者戦の末敗退し、準優勝という結果になりました。今年度、本県からは2校が全国選抜に出場できるので、本校も創部以来初めての全国選抜出場の切符を手にしました。悔しい気持ちはもちろんありますが、写真のように皆笑顔で本大会を終えることができました。

応援頂きました、保護者の皆さん、OGの皆さん、練習試合をお引き受け頂いた先生、生徒の皆さん、諸先生方本当にありがとうございました。東北選抜、全国選抜でもドミニコらしく頑張ってきたいと思います。

最近、皆で「毎日の稽古や試合を楽しもう!楽しいと思える部活にしよう!」と話しています。それぞれが日々、自分で考え、試し、成功したときには楽しいと思えます。もちろん指導やアドバイスを素直に聞き入れ、やらされているのではなく、自分で求めて達成感を得る。そんな部活にしていきたいと思っています。今後とも応援よろしくお願いします。

東北選抜は2月8日(土)に山形県山形市総合スポーツセンターにて、全国選抜は3月26日(木)から愛知県春日井市総合体育館で行われます。

修養会

10月28日月曜日、この日は中高とも修養会を行いました。修養会とは一日授業を離れて講話を聞いて自分の生活を振り返り見つめ直す、カトリック校ならではの行事です。

今回の講師は、岩手県で開業医をなさる傍ら東日本大震災で甚大な被害に遭われた沿岸部(大船渡、陸田高田等)で話される方言「気仙語」でギリシャ語から新約聖書を訳された山浦玄嗣(やまうら はるつぐ)先生です。先生が訳された新約聖書はローマ法皇であったヨハネ・パウロ二世にも献上されています。

今回の講話はキリスト教の根幹である「愛」と「祈り」についてです。キリスト教の言う「愛」と「祈り」は世間的なそれらとは大分意味が違うことに驚き、演題どおり「そうだったのか、聖書って面白い」と生徒たちは感じてくれたことと思います。

講話間は独り講師の言葉や聖書の言葉を味わい、考え、その後クラスのグループ毎で分かち合いを行い、自分たちの感じたことを共有して新しい気づきを得ました。とても有意義な一日でした。

 

 

 

 

 

台風19号への対応について

在校生の皆さんへ

 

明日10月12日(土)、明後日13日(日)の2日間は、天候が悪化する恐れがあるため学校閉鎖とします。生徒の皆さんは不要不急の外出を控え、安全確保に努めてください。

 

特進コース学習合宿!

今年も特別進学コース夏の学習合宿が行われました。

日中は夏期講習を受けながら、夜は23時過ぎまで自主学習に取り組んだ子もいました。

 

自分はこんなにも長時間、勉強し続けられるんだということを忘れずに、この夏の経験を糧に今後の学習にも取り組んでください!

総合進学コースの夏休み〜学習合宿

こんにちは。高校は7月22日から夏休みに入っています。

 

総合進学コースは22日から24日まで、2泊3日の学習合宿をヴェリタス館で行いました。幼児保育進学コース生も2名加わり8名の参加でした。

 

生徒は何か目的を持って自学自習あるいはグループ学習に取り組みました。生徒の多くは夏休み明け直ぐに行われるスタディーサポートの模擬試験に向けた学習をしたようです。7月までの復習や宿題をする生徒もいました。仲間がいるとわからないところを気軽に聞き合い、理解できるようですね。質問するために職員室に先生を探す生徒もいました。

 

食事は自炊です。野菜カレー、パスタ、ポテトサラダ、カボチャの煮付け等、協力して炊事をしました。とても美味しくいただきました。

 

夜は反省会をして学習態度の改善を決意したようです。ホワイトボードに書かれた反省事項を写真で撮って、クラッシーのポートフォリオに載せるそうです。

 

とても有意義な合宿でした。冬も合宿をやりたいそうです。

 

1期生しかいないので、彼女たちと手作りの行事を考えてゆくつもりです。

はっとしてぐっ!

こんにちは。ドミニコ祭の御来場ありがとうございました。1年2組のチーズハットグはお陰様で、開店1時間で100個完売致しました。またチーズやチョコレートを包んで焼いたチーズボールとチョコボールも完売です。教室前に行列ができているのを見て驚きと嬉しさで生徒たちは感激でした。裏方の調理室は汗だくでコックの生徒たちが頑張っていました。教室の飾り付けも工夫を凝らし、インスタ映えするコーナーも作り、何人も写真を撮って行かれました。生徒たちには良い経験になったと思います。本当にありがとうございました。(文責:1年2組担任  小野寺原)

ちーず・はっとぐ、ぶえん・ぷろゔぇちょ(召し上がれ)!

こんにちは。6月28日(金)の7時限目、1年2組はLHRでドミニコ祭で販売するチーズ・ハットグ作りの会議をしました。午前中に簡単な資料を実行委員の生徒に渡したのですが、7時限目に教室に入ると、なんと会議がすでに始まっていました!調理班と販売班に分けて、それぞれの班で役割分担を決め、時間毎の当番も決めてくれました!1年生ながらしっかりここまで自分たちで進行し、話し合いに参加してくれた生徒たちが本当に立派でした。オーダーが入ってからの調理ですので少しお待ちいただきますが、カリカリの美味しいチーズ・ハットグを召し上がっていただけると思います。Buen provecho! スペイン語で「召し上がれ」。

 

 

令和元年のちーず・はっとぐ

6月21日(金)のLHRで、1年2組はチーズ・ハットグの試作会を行いました。何のための試作かというと、7月6日(土)に行われるドミニコ祭で販売するためです。クラス全員「揚げ物」未経験で、かなり心配だったので、女性の先生の応援を得て行いました。結果は想像を遥かに超えて美味しかったです。表面はカリッとして、中のチーズはとろけながら伸びて、成る程、女子高生の人気になるだけのことはある、と思いました。この他にも楽しくて美味しい食品も販売するようです。生徒たちも今回の試作会で、さらに美味しくするために、効率良く販売するためにはどうしたら良いか考えることができたでしょう。皆さん、どうぞ楽しみにしてお越しください。(文責:1年2組担任  小野寺原)

総合進学コースの日常2

こんにちは。今高等学校は1学期中間考査の最中です。総合進学コース、いや幼児保育進学コースとキャリアデザインコースの生徒も加わる1年2組の生徒たちは、考査二週間前から対策勉強モードに入り、休み時間も、始業前も、放課後も一人で、グループで猛勉強しています。グループでは先生役を務める生徒も。素朴な質問が飛び交えば「そう言われると何故なんだろう…」と今まで曖昧に覚えてきた知識が露わになって、それを解き明かせば確固たる知識に。グループ学習のメリットはそこにこそあります。互いが持っている知識を出し合って解けなかった問題に取り組んで正解を導いてゆく。こうして得た知識は絶対に記憶に残ることでしょう。こうした曖昧さを赦さない「知的誠実さ」を求める姿勢が総合進学コースの、いや2組の伝統に知らず知らずなろうとしています。しかし1年生の他のクラスでもこうした光景は見られるのです。1年生のみなさん、初めての高校での考査、最後まで頑張ってくださいね。そして試験が終わったら、学習の振り返りをしっかり行い、さらに良い結果を残すために何が不要で何が必要かを見定めることが必要です。そうしてヴァージョンアップしたあなたが、勉強に部活動に一段とステップアップする姿に期待しています。(文責:総合進学コースリーダー  小野寺原)

PAGE TOP