聖ドミニコ学院高等学校

VERITAS LIBERABIT VOS 〜真理を求め、自由に生きる〜

活動BLOG 聖ドミニコ学院中学校の日常をお伝えします。

大暑の中、元気に学校に来ています。

8月の定期考査、そしていつもよりも短かった夏休みが終わりました。

17日に開講式をむかえ、まさに大暑のまっただ中、

1年総合進学コースの皆さんは、全員しっかりと学校に通っています。

定期考査の成績も授業で返却され、

生徒達は、その点数に一喜一憂しているようです。

 

来週には、夏休み明け恒例の模擬試験も行われる予定のため、

それに向けて、最後の追い込み学習も求められています。

 

そんな中ですが、まだ8月中旬です。やっぱりまだまだ暑いです。

そのため、以前のブログでも約束したように、

近日中のLHRで、再びクラスでのレクリエーションを行いましょう。

それについて、ブログにてまたお伝えしたいと思います。

学校が始まりました

暑くて短い夏休みが終わり、高校生活が再開しました。そして!定期考査の答案が返却されています。

しっかり準備をして満足いく答案が返ってきた人もたくさんいるようです。一方で苦手な科目で赤点をとってしまった、、、と落ち込んでいる人もちらほら。

ドミニコでは赤点の人はもうひと頑張りしてもらいます。できなかったままにはしません。勉強は大変ですが今取り組まなければずっと勉強ができないままになってしまいます。ドミニコに来て将来の夢をかなえようと思っているのですから「今が頑張るとき!」なのです。

来週は模擬試験もあります。三者面談では1年生も早速進路の話がされる予定です。自分のペースで!あきらめないで!みんなで勉強しています。エアコンがあって本当に良かったです。涼しい教室で「熱く勉強しています!」

HRで作りました

キャリアデザインコースの1年生で動画を作りました。LHRの時間に黒板アートを作ったり、どうしてドミニコにしたのか、実際入学してみてどうだったかをアンケートしたり、少し先生に手伝ってもらいましたがいい感じで仕上がりました。

オープンスクールのお知らせなどと一緒にアップしてもらえることになりました。見てみてくださいね。保護者の皆様には日常の写真も織り込んだものを三者面談の時に見てもらえるように準備中です。

定期考査まで一週間をきりました

7月末となり、定期考査初日まで一週間をきりました。

1年総合進学コースの生徒たちは、三週間前より

定期考査に向けた予想問題の作成に取りかかり

ついに予想問題を完成させました。

生徒たちが作成した教科は、5教科9科目にわたっています。

どれも力作ぞろいで、なかには担当教員をうならせるような

予想問題も見られます。

この予想問題をフル活用し、人生初の高等学校での定期考査を

乗りきってください。

 

そして来月はいよいよ8月。定期考査を乗りきれば

(今年は短いですが)夏休みをむかえることとなります。

それも心の励みにして、どうかもうひと頑張りしてください。

GO TO 定期考査

海の日もスポーツの日も終わり、ドミニコはいよいよ来週の定期考査に向けての一週間が始まりました。7月末とは思えないどんよりとしたお天気ですね。大雨の原因も台風ではなく前線です。色々な意味で記録的な年になりそうです。

試験に向けて小テストが行われています。合格点が取れない人の為に再試験が行われる科目もあるようです。高校の勉強についていくための基礎学力を今、身につけてもらっています。

頑張れ1年生!頑張れキャリアデザイン!

「サクセスノート」をフル活用!!

今回は高校1年1組(特別進学コース)の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
特別進学コースでは、生徒用システム手帳(サクセスノート)を活用して学習習慣を定着させ、自主性を育むようにしています。
この日の特別進学コースの取り組みは「第一学期考査の計画」を立てること。サクセスノートをフル活用して行いました。
まず、サクセスノートに「定期テストの記録」に科目と目標点数を書き入れ、目標をイメージしていきます。次に「試験時間割・試験範囲」に現時点で分かっている情報を書き入れ、さらに全ての科目のやるべきことを書き入れていきます。最後に、この日から試験当日までの「今日やること」欄に「教科ごとの学習予定」を書き出していきました。
サクセスノートを活用することでやるべきことが可視化され、生徒たちはかなり学習方法がイメージできようになり、安心して学習に取り組めるようになったようです。

黒板アート

キャリアデザインコースの1年生で黒板に絵をかいてみました。3つのグループに分かれて文字とか似顔絵とかイラストとか。みんないろいろな才能を持っていて楽しかったです。描き始まったら時間が足りなくなってしまい1グループしか完成しませんでした。似顔絵がかわいくて好評でした。黒板の前でクラスみんなの写真も撮りました。家の人にも見せてくださいね。

オンラインOPEN SCHOOL開催!

新型コロナウイルスの影響で開催できなかったOPEN SCHOOLを自宅から参加できる、オンラインで開催いたします。

 

特設ページ開設予定日:8月7日(金)

公開動画内容:「学校紹介」「コース紹介」「部活動紹介」

 

 

 

 

※オンライン個別相談も開催いたします。

8月22日(土)・29日(土)・9月5日(土)の午前中に予定しております。

詳細につきましては、随時ホームページ上でお知らせいたしますので、ご確認ください。

坤輿万国全図

社会科では宮城県図書館からお借りした『坤輿万国全図』の版本を利用した授業が行われています。

『坤輿万国全図』1602年、中国を訪れたイエズス会宣教師マテオ・リッチらによりつくられた漢訳世界地図です。

数種類の世界地図を作成したといわれていますが、その集大成として刊行されたのがこの世界地図といわれています。

生徒が使用している世界史の資料集にも掲載されているものです。

実は所在が確認出来ているものが数少なく、そのうちの一点であり、貴重なものです。

歴史や地理のみならず、キリスト教の伝来についても学ぶことが出来る一品です。

宮城県図書館に所蔵されているものは、宮城県文化財並びに国重要文化財に指定されています。

生徒たちは先生方の説明を聞きながら、食い入るように見ていました。

実は生徒以上に食い入るように見ているのが先生方です。

7月31日まで借りていますので、これから授業で見ることもあるでしょう。

夏休みの宿題に賛成?反対?

今回は高校1年1組(特別進学コース)の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
特別進学コースではBenesseの『表現サポート:表現トレーニング』を活用して表現力を磨く取り組みを行っています。
この日の特別進学コースの取り組みは「小学生の夏休みの宿題は必要か」というテーマについてのディスカッションです。生徒たちは自分の体験を振り返ってみたり、宿題のメリット・デメリットを考えたりしながら自分の意見をかためていき、その後にグループで議論していきました。
「必要派」は「達成感を味わうことができた」「学力が高まった」「生活リズムを整えるきっかけになった」といった意見を主張し、対する「不必要派」は「夏休みこそ自分の好きなことの探究や、普段できないような経験に時間を割くべき」などと主張し、熱い議論が展開されました。
生徒たちは一連の議論を通じて、自身の意見をわかりやすく伝える力を磨けたようですし、自分とは異なるものの見方があることを知ることができたようでした。

PAGE TOP