聖ドミニコ学院高等学校

>VERITAS LIBERABIT VOS 真理を求め自由に生きる女性を育てます。

活動BLOG 聖ドミニコ学院中学校の日常をお伝えします。

夏期休業前閉講式における校長講話

「カトリック精神に基づき、神の前に平等な人間として、互いに他を大切にしつつ、神の愛に生きる人間を育成する」建学の精神のもと、4月は入学、進級した「喜び」に満ちた月、5月は運動会などの学校行事をとおして「思いやる」心を育み、6月は県高校総体・地区中総体、1学期中間考査などから「努力」の尊さを学び、7月はドミニコ祭、中学2年生は野外活動などで互いに「信頼」しあい、絆を深めてきました。

とくに、ドミニコ祭は仙台一の女子校として心意気を示してくれました。

さて、私はドミニコに来て、3ヶ月半が経ちました。高校3年生の進路実現に向けた励ましと本校の特色を聴くため、5月半ばから高校3年生と面談を行い、7/3からは中学3年生と面談しています。今日は、その成果として高校3年生から教えられた本校の良さをまとめましたので、紹介します。

 

○一言で表すなら「アットホーム」。帰ってきたくなる「ふるさと」のようなところ。

○女子だけなのでありのままの自分をだせる。少人数ならではの仲のよさ。

互いを尊重し、分かり合える関係に成長する。先輩後輩の間に壁がない。

○落ち着いた、穏やかな雰囲気があり、女子校ならではの「のびのびとした」環境で、学年が進むにつれ友達から家族のような関係が育まれる。

○みんなで学校をよくしていこうと一つの心になる。女子校だからこそできる取り組みがないか、アイデアをみんなから出していければいいと思っている。

○幼小中高が同じ敷地にあり、いろんな年代とコミュニケーションがとれる。

○先生と生徒の関係が近く、相談すると自信につながる応えが帰ってくる。先生方の気遣いを感じる。先生が生徒一人ひとりを見守り、生徒たちの成長に寄り添ってくれる。授業も質問しやすい。

○メールの存在。先生とは違う役割、母親のような包容力。

○キリストの教え。自分の心を照らし、悩みから解放してくれる。自分が迷ったときの道しるべ。

○制服がかわいい。(特に夏服は人気のようです)

○漫画やアニメの影響から女子校に対し「いじめ」など、どろどろとした怖いイメージがあったが、ドミニコに入ったら同じ目標をもった人たちと出会い、悩みを共有し、励まし合うことができた。

○中学のとき、パソコンで幼児保育専門を検索したら、ドミニコにヒットした。一年次から専門的なことを学ぶことができる、ピアノレッスンが無料で受講できる、系列の幼稚園で実習ができるなどに惹かれ、ドミニコを選んだ。

 

なによりも私が感心したのは、全員が自分の進路を自信をもって応えられたことです。「真理」(ヴェリタス)は建学の精神を一言で表す言葉です。ここには、「あなたはどう生きるのですか。」という問いかけがあります。高校3年生の皆さまとの面談から、私は一人一人が建学の精神を体現し、成長していることを実感しました。

さて,明日から一ヶ月ほどの夏休みに入ります。この間、みやぎ総文祭2017、南東北インターハイがあります。全国から多くの高校生がみやぎの地を訪れ、交流する機会に恵まれます。また、さまざまなことにチャレンジできる機会でもあります。自分自身を育むためにみなさん一人ひとりの目標に向けた取り組みに期待します。事件・事故に巻き込まれず,8月21日元気な姿を見せてください。

 

ドミニコ生はやればできる。

あせらず、やすまず、あきらめず

夢をかたちにしよう。

中高ドミニコ祭 怪談 来場御礼

当日にはたくさんの一般の方が聴きに来てくださいました。感激です。今回は、琵琶の弾き語りをベースにしながら、卒業生のプロのフルート演奏と助演のピアノ伴奏という贅沢な仕立てで組みました. 音あわせは二度だけでしたが、結果はご好評いただきました。反省と課題は、せっかくの一回勝負の公演なのに、他の部の荷物置き場にもなっている関係で、打ち合わせ悪く、物を取りに来た生徒の出入りがけっこうあったことでした。次回に活かしたいと考えています。

ボランティア部参加企画の「チャリティ怪談」と銘打って、九州豪雨被災者義援金のお願いを受付にていたしました。20~30分の怪談に、ご来場者から、3,050円ものご寄付をいただきました。ありがとうございました。ボランティア部の募金と合わせて被災地に送ります。

~感想アンケートから~

・怪談師のわざもさることながら、今年はピアノ・フルートのBGMが一層の効果を挙げていました。フルート奏者の浴衣姿の顔が半分ライトから浮かび上がった様子も、また、ピアニストの横向きの様子も、お雪の面影を添えて印象的でした。最後お雪の姿が煙のように部屋の煙だしから出て行く様子は「渡邊綱の母」が鬼に変じた後切られた片腕を取り返して去ってゆく様子彷彿致しました。お見事。(60代男)

・何度も読んだことのがある話のはずなのに、このように演出でいっしょに聞くと、印象がまた変わるものだなあと思いました。やっぱりゆ   き女ってこわさより理不尽さを感じる話だなあと思います。(20代女)

・遠い昔、夜、兄が面白おかしく、しかも聞いている私たち弟妹はキャキャ言いながら、楽しく聞いたお話でした。今日はまた音楽を入れながら怖さはなく、お三人の息のあった演技を聴かせてくださいまして、ありがとうございました。去年の「耳なし芳一」も良かったですが、今年も良く。来年を楽しみにしております。お三方ありがとうございました。(70代女)

・ゆきおんなのえはとってもこわかった。こわすぎておとうとといっしょにおしゃべりをしていた。きゅうにくらくなっておとうととだきついていた。せんせいのこえがこわかった。いろいろながっきがあってすごかった。さむさなどがひょうげんされててよかった。こわかったけどたのしかった。(7才男)

・大人になるとなかなかこんな時間を持てませんが、今日はすっかり聞き入ってしまいました。楽しかったです。(40代女)

・声の強弱や音など、すごく工夫してあって良かったです。怖さもあり、悲しさもありました。すごく楽しかったです。(10代女)

・ゆき女はかわいそうな人だと思いました。好きな人とは別れなければならないからです。母親が子どもと別れる、これほどつらいことはないです。(50代女)

・不思議な世界に引き込まれました。こういう形の怪談よかったです。語り、フルート、ピアノも素敵でした。(ゆかた姿もgoodです)(50代女)

今後の怪談予定ですが、「ゆき女」は、聖ドミニコ学院小学校の「ドミニコ祭り」(9月2日)で再演します。お時間とれましたらお出かけください。同じ物の琵琶だけの弾き語りは8月下旬に岩手の夏祭りで行います。また、9月下旬に市内の中学校にて怪談「耳なし芳一」を公演いたします。

(ボランティア部 担当高橋)

明日はいよいよドミニコ祭!!

みなさんこんにちは

明日はいよいよドミニコ祭一般公開の日です。

10:00から一般公開が始まります。

心よりお待ちしております。

さあここで今日の中高ステージの様子を御覧あれ・・・

これを見たら明日は足を運びたくなるはず・・・

 

 

 

まずは吹奏楽部からスタート!

特進のコース長阿部先生特別参加!盛り上がりました!

 

 

 

バトン部です。昨年度アメリカの大会に参加した中学生も参加です!

高校から始めた生徒も見事に演技をこなしました。

 

 

 

こちらは昨年優勝チームダンス以外に凝った作りでした。

お隣は2年生チーム可愛らしいダンスでした!

 

 

 

軽音楽部さんも負けていません。熱いパフォーマンスでした!

 

 

 

3・2年合同チーム可愛らしくダンシングー!

お隣は中学生チーム!

 

 

 

中学生のダンスを動画でお見せできないのが残念です。

そうそう聖堂では中学校の合唱と偉人伝専科の発表もお忘れなく!

時間は10:00から合唱・偉人伝専科発表となっております。

 

 

 

定番チョコバナナ!短冊もあるよ!

まだまだ紹介しきれないほどのブースがあります。

 

 

 

いつもお世話になっている書道部さん。はんこが作れるらしい・・・行かねば・・・

生徒会も頑張っています階段を上がるときに足元に注目!

筆者の大好きな定番キッズルームもございます。ちびっ子はみんな集まれ~!

聖堂や体育館(大アリーナ)でも発表が盛り沢山!!

一般公開が10:00~14:30となりますので

ブログでは伝えられない熱い「女祭」を御覧になって下さい。

お待ちしております。

あっもちろん学校相談コーナーももちろんありますよ。

後援会のブースもあり満足できる1日をお約束します。

明日は暑くなることが予想されます。水分補給を忘れないようにお楽しみ下さい。

 

 

 

ボランティア部 5~6月の活動まとめ

ボランティア部 5~6月の活動まとめ~

 513日(土) 『ドミニッ娘(こ)カフェ』 

in八幡の市営(復興)住宅訪問活動

 北仙台、北六番町に次いで三箇所目になります。

参加部員は1~3年14名。顧問教員3名。住宅の方たち24名。

集会所は個人住居のスペースのようで、やや手狭でしたが、ギュウギュウしながら、かえって皆で温もる会になりました。学校から歩いてすぐの場所なのに、スタート時間に遅刻したのも初めてでしたが、皆さんが肩寄せ合って今か今かとお待ちになっているところへ駆け込んだのも、初めてでした。

早朝から部員で作った自慢のカレーとカップケーキをお持ちしました。皆さんにとても喜んでいただきました。

11時スタート。その後歌詞カードを配って、一緒に歌を歌いました。楽しい交流の会になりました。

次回は10月の秋まつりを昨年同様お手伝いし、11月には学校でひとあし早いクリスマス会をいたしましょうと約束してきました。

(アンケートから) ーー(年齢・性別・出身)

・お味はバッチグーでした。この日が来るのをとても楽しみにしていました。最高の雰囲気でとても楽しかったです。(79・女性・秋田)

・大変おいしかった。このような機会をまた楽しみにしております。(69・男性・福島)

・皆様の好意の味が倍加してベリーグッです。今までこんな経験がないので、今後とも宜しくお願い致します。(91・男性・気仙沼)

・たいへんおいしかったです。つくるのがたいへんだったでしょう。みなさんがんばりましたね。年にせめて2回くらいやって下さい。(74・女性・仙台市)

・たいへんおいしかった。しばらくぶりで若い人たちに会えて元気が出ました。ありがとうございました。また一緒に歌いたいです。(65・女性・福島)

・ちょっと辛かったかな・・・水がおいしかった。雨の中ありがとう。(69・男性・仙台)

・ピリ辛でおいしかったです。楽しかったから、また来てくださいね。(70・女性・高知)

 

~参加部員の報告から~

交流会へ来てくださった方が「おいしい」とほめてくださったこと、会の終了時に「楽しかった」「また何か機会があったら」そう言われてとても嬉しかった。会場にいた人が皆笑みを浮かべていて、とても温かい気持ちになった。初めてのボランティア部の活動で、何をしたらいいか分からずオドオドしっぱなしだったこと、先輩方がおこなっていた仕事をうまく手伝えなかったことなど反省点はいくつもある。このことを活かして次回からは自分から積極的に動いていけるようにしたいと思う。

今回の交流会に参加してボランティア部の活動がもっと楽しみになった。人の笑顔はこんなに温かい気持ちになるんだと思った。(1年)

 

 

 

 513日(土) 炊き出しボランティア 

  参加部員は1~3年で8名。教員1名。

     あいにくの雨模様でしたが、たくさんのホームレスの方が集まってくれました。

   ~参加部員感想~

はじめて炊き出しボランティアに参加しました。参加してみて、歳の離れた方々と関わることができたこと、路上生活者の方々をお手伝いできたことがよかったなと思います。わたしはおもに衣類の仕分けなどをしましたが、大人の方々と楽しくお話ししながらできました。このボランティアに参加してみて、自分たちも路上生活者の方々も「人間」であるのだからみんなで協力し、助け合って生きてゆくことが大切なんだなと感じました。これからもっともっと積極的に参加したいです。(1年)

○よかったことは、自分から積極的に衣類整理や乾電池をまとめることができたこと。外国人ボランティアの方やホームレスの人とお話しすることができたこと。 反省点は、片付けをもう少しスムーズにし、先輩方の負担を減らすように心がけたいと思った。服をきれいにたためなかった。コンパクトな服のたたみ方を覚えたい。(1年)

       (お詫び)今回はデジカメ忘れのため画像ございません。

 

 520日(土) 街頭募金活動 10001200

  東日本大震災によるひとり親家庭支援  マザーリンク・ジャパンを通じて寄付します。

    参加部員13年  三越前 13人   グッチビル入口 10

    募金額  83,976  円 

      ご協力ありがとうございました。

どんなに混雑した日でも、忙しい歩き方の雑踏の中から、見つけるようにして、募金箱に寄ってきて入れて下さる温かい手。いつもそれが忘れられません。

   

 

 

~参加部員感想~

○初めて参加した私は当日、駅前アーケードで迷子になり、地図を見てもまったく分からなくなり、先輩方にも迷惑をかけてしまいました。次回からしっかり道順をメモしておこうと思いました。たくさんの方々の協力あっての部なのだと実感し、皆様の協力に本当に感謝した一日でした。(1年)

○青葉まつりが行われていて、屋台も人もたくさんいました。それに加え少し気温が高く暑い日になりました。でも、周りの音に負けず頑張って声を出していたと思います。1年生も初めての人が多い中、声出しがしっかりできていたのでとてもよいと思いました。(2年)

 6月10日(土) 炊き出しボランティア

  参加部員は1~3年で5名。教員1名。 

     お出でになった方31人。うち女性3名。ボランティア32名。

 当日はスズメ踊りの祭り日で炊き出しがいつもの五橋公園ではできず、教会に交渉して一つ返事でオーケーをいただき、元寺小路教会での炊き出しとなりました。教会でするのもいいものだなあ、教会っていいなあと思った日でした。

    

~参加部員感想~

○今回初めて教会の中で炊き出しをしました。公園だとそれぞれ自由に食事をしますが、教会の中だとみんなで向き合って食事できたので、コミュニケーションがとりやすかったです。初参加のボランティアの人たちも一緒に、皆でテキパキとうまく協力し合って活動できたと思います。(3年)

○初めての活動で分からないことも多く、なかなかうまく動くことができなかったところが多かったので、次回はもう少しうまく動きたい。「ありがとう」と感謝の言葉を言われたときはあたたかい気持ちになりました。楽しく活動できました。(1年)

  

 6月24日(土) 街頭募金活動

      東日本大震災によるひとり親家庭支援  マザーリンク・ジャパンを通じて寄付します。

    参加部員13年  三越前 8人   グッチビル入口 8人

    募金額  100,310 円     ご協力ありがとうございました。

  

~参加部員感想~

○よかったことは、前よりゆっくり呼びかけることがしみついてきたと感じたことと、自分から積極的に 手伝うようになったことです。反省点は、1年生をうまくリードできなかったことと、自分から話しかけることができなかったことです。次の活動ではもっとしっかりできるようにしたいです。(2年)

  • 1年生から3年生までみんなしっかり声が出ていてよかったと思います。暑くて少し大変でしたが、「暑い中ご苦労様」という言葉をかけてくださる方が何人もいてうれしかったです。(3年)
  • 今回の募金活動は前回よりも声が出ていたと思います。今回は迷子になることなく、時間の20分前についたのでよかったと思います。協力してくださった方々が声をかけてくださったのでとても励みになりました。(1年)

( ボランティア部 )

PAGE TOP