聖ドミニコ学院高等学校

VERITAS LIBERABIT VOS 〜真理を求め、自由に生きる〜

活動BLOG 聖ドミニコ学院中学校の日常をお伝えします。

【高1スタディーサポート振り返り会】―学力向上に向けて―

今回は高校1年の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
この日は㈱ベネッセコーポレーションの高橋さんをお招きし、「スタディーサポート」の振り返り会を行いました。
実は高校1年生の生徒が全員集まる進路行事は今年度になって初めてです。視聴覚室に集まった生徒たちの表情には初めどことなく緊張した様子が見て取れました。
進路担当の先生の司会進行のもと、ベネッセの高橋さんから今後訪れる社会の変化、労働環境の変化についての説明していただいた後、今後必要になるスキルや多様化する入試について説明していただきました。さらに8月に生徒全員が受験したスタディーサポートの結果を踏まえ、学力向上の秘訣や苦手科目の克服法、成績が上がる学習方法など今後の学習に有益な情報をご教示いただきました。
生徒たちはリアルなデータを前にした説得力のあるガイダンスに真剣な表情で聞き入っていました。そして、今後の学力向上に向けて気持ちを新たにしているようでした。

※スタディーサポート:現在の学力の状態や学習習慣をチェックするテスト(アセスメント)のこと。今、学力面や学習習慣面で、自分は何をすべきなのか、「スタディーサポート」を受験することで明らかになります。

【校外レクレーション】―大崎八幡宮にて―

今回は高校1年1組(特別進学コース)の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
この日は校外レクレーションとしてクラス全員で大崎八幡宮に行きました。
天気にも恵まれ、炎天下のなか、元気いっぱいの生徒たちが校舎前に集合し、大崎八幡神社へと向かいました。
大崎八幡宮へ到着した生徒たちは、まず、大日如来を参拝し、長い階段を上り手水で手を清めます。そしていよいよ本殿へ。生徒たちはお賽銭を入れてお辞儀をし、手をたたく「二礼二拍手一礼」を行い、神様を讃え、参拝を済ませました。
その後、おみくじを引いた生徒たちは自分の引いたくじの結果に一喜一憂しつつも今後の参考にしているようでした。その後一行はお休み処「鞍」へ。皆で甘味を楽しみました。ここまで炎天下の中を歩いてきた生徒たちは甘味とお茶を嗜みながらクールダウンできていたようでした。
今回のレクレーションは、普段なかなか校外に出て活動する機会がない特進コースの生徒たちにとって貴重な機会となったようです。生徒たちは終始楽しそうな表情で、お互いの親睦を深めることが出来たようでした。

バレーボール部 春高1次予選

9月13日にバレーボール部が春高1次予選を戦ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

1回戦の角田高校戦は緊張の中、サーブが効果的に決まり、(2-0)のストレートで勝利!
2回戦の明成戦は練習してきた攻撃が面白いように決まり、1セット目25-12、2セット目25-16のストレートで勝利!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春高1次予選通過をかけた最後の試合は仙台育英でした。1セット目、相手の高さある攻撃に苦しめられ(23-25)で奪われてしまいました。2セット目も劣勢が続き、リードを許し迎えた(19-22)のドミニコのサーブ。連続サービスエースなどで5連続得点(24-22)と形勢逆転。最後は3年生エースがスパイクを叩き込み(25-23)で2セット目をとりました。3セット目はこの勢いのまま粘る相手を振り切り(25-14)で勝利!10月下旬の春高県最終予選への出場権を獲得することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会の逆境を跳ね返すことができたのも、最後まで諦めずボールを追い、団結を意識し、日々の練習を行ってきたおかげです。春高最終予選までさらに中身の濃い練習を積んで最高の結果が残せるように頑張ろう!!

「サクセスノート」をフル活用!!(その2)

今回は高校1年1組(特別進学コース)の「LHR(ロングホームルーム)」の時間の様子をお伝えします。
特別進学コースでは、生徒用システム手帳(サクセスノート)を活用して学習習慣を定着させ、自主性を育むようにしています。
この日の特別進学コースの取り組みは「第一学期考査の振り返り」をすること。サクセスノートをフル活用して行いました。
まず生徒たちはサクセスノートの「定期テストの記録」に各科目の点数と平均点などを書き込んでいきました。「ほめ!ポイント(良かった点)」「さらに!ポイント(改善すべき点)」「次のテストにむけて(改善策)」の項目に、自身を振り返ってじっくりと反省しながら書き入れていきました。高校に入学して初めての考査であった今回の試験でしたが、一人ひとり自身の取り組みについて反省するとともに、次回の考査に向けて具体的な対策を考えられているようでした。
サクセスノートを活用すること今回の問題点と次回に向けての改善点が可視化され、生徒たちはかなり学習方法がイメージできようになり、次回の考査に向けて気持ちを新たにできていたようでした。

PAGE TOP