遅くなってしまいましたが、夏休みが明けたばかりの8月28日29日に、年長児で美術館創作活動を行いました。

当日はあいにくの天気でしたが、レインコートを着て、トトロに会えるという『トトロの森』を探索しました。

その後、創作室に入り、土粘土の創作体験を行いました!

袋から出てきた粉に触ってみて、感触を楽しむ子どもたち。

触っている内に手や足が真っ白になっている子もおり、まるで『七ひきの子ヤギ』のオオカミの白い手みたいですね♪

ふわふわの粉をドーナツの形にして、中央に水を少しずつ入れていくと、段々と粉が泥に変わっていく様子に「きゃ~!」という歓声が上がりました!

集中して粘土をこねている内に、手や足が粘土だらけになって、いつの間にやらまるで象の足みたいになっているけれど、そんなことも気にならないくらい、楽しみながらこねこね♪

こねた粘土でそれぞれ好きな形を作りました。うさぎやきょうりゅうを作る子もいれば、自分の顔より大きなだんごを作る子もおり、思い切り楽しんでいました♪

その後は、自分のてのひらサイズのだんごを作り、記念にお持ち帰り✿

 

そして楽しんだ後は皆でお片付け開始!

ホースで水が流れる中、床をたわしでゴシゴシ…広い床をみんなで一生懸命磨きました!

床がきれいになった後は、自分をきれいに洗って片付け完了★

 

「楽しかった~!またやりたい!!」と充実感いっぱいに過ごすことができた一日でした♪