天候が危ぶまれた運動会でしたが、子どもたちのお祈りが届いたようで、暑すぎずほど良い天候の中、運動会を行うことができました。

全員、やる気に満ち溢れた表情で登園した子どもたち。自分の演技の順番をまだかまだかと待っていました。

運動会のテーマは『みんなでつなごう!虹色の輪』

 

年少さんはかわいいお花を頭に、動くたびにリズミカルに鳴る鈴を足に着け、手にはポンポンを持って元気いっぱいに踊りました♪

満3歳のマリア組さんたちは『てんとうむしたちのおはなし✿』保護者の方とてんとうむしに変身して、仲良しなてんとうむし親子になりました♪

年中さんは、パラバルーン。大きなパラバルーンを2クラスずつで持ち、息を合わせて行いました!演技のフィナーレで小さいボールとポンポンがきれいに空中に飛び、お客さんからは「おお~!!」と歓声が上がりました。

 

年長さんは、組体操とリレーの2つを頑張りました!

リレーでは、それぞれのクラスで走る順番を相談して決めました。最初はバトンの受け渡しや動き方がスムーズにできず、戸惑う様子が見られたのですが、練習を重ねる内に自分たちでしっかりと動くことができるようになりました。

「他のクラスには負けたくない!」と他のクラスを意識して、練習に励む姿が見られました!

組体操の練習を始めたばかりの頃は、体をどのように動かしたらこの形になるのか、これまであまり使ったことのない体の筋肉を動かすことの難しさを感じる中で、必死に耐える姿があり一定の時間、形を保つことが大変だった子どもたちでしたが、日々繰り返し練習を積み重ねていく内に自分の力を少しずつ感じながら、周りの友だちと呼吸を合わせ、だんだんと技の形が体に染みこんでいきました。

組体操のピラミッドでは、重くて崩れてしまったり、辛い顔を見せる姿も見られましたが、練習を重ねていく内にしっかりと腕を伸ばしたり、互いの背中をくっつけて土台を作るようになり、(絶対に成功させるぞ!!)という気持ちが伝わってくるようになりました。
最後の全員技はきらきらのポンポンを皆で揃えて空中に投げる花火。

「「やー!」」と声を揃えて、息も揃えて、きれいな花火が上がりました!!

それを見ていた年中さんが「年長さんすごい!」と憧れの気持ちを更に強くしたようです。

運動会の最後には、全員でポンポンを持ってダンスをし、七色の虹がかかりました。

長い運動会の疲れも見せず、元気いっぱいに踊ることができましたね!

園長先生から頂いたメダルやカップをうれしそうに眺める子どもたちの笑顔が、メダル以上に輝いて見えた運動会でした☆

今日は産休中の先生や昨年幼稚園を離れた先生方も応援に来てくださいました!