遅くなってしまいましたが、2月1日2日に作品展がありました。

テーマは『ぼくたち、わたしたちにひめられた力~新たな命をふきこんで~』!

共同製作では、5月に動物園へ遠足に行ったことを思い出して、それぞれの年限で動物を作りました。

年長児はカンガルーと白くまとイノシシ

年中児はキリンとゾウ

年少児はペンギン

満三歳児はうさぎ

 

去年の仲良しタイムの時間に作ったちぎり絵の飼育員さんの顔出しパネルや、子どもたちの手形でできた草原も合わさり、素敵な共同製作になりました。

 

1日目は幼稚園のお友だちと一緒に作品展を見て回りました。

他のお友だちの作品や、違うクラスのお友だちの作品を見て「うわ~凄い…!!」と感嘆の声がちらほらと上がっていました。

今まで頑張ってきたお仕事の作品を振り返り、日本地図や世界地図、ストールやマフラー、ユニットや組み紙や言語や数のお仕事などを見て回ると、「これもやったな~」という声が上がっていました。

また、お友だちの作品を見て、今まで挑戦したことがないお仕事に興味を持ったようで、作品展が終わった今挑戦している子もいるんですよ♪

お仕事だけではなく、今まで年限活動で製作してきた作品も展示しており、そちらも見ると、「懐かしい~!」と盛り上がる様子もありました!

 

 

2日目は、保護者と一緒に作品展を見て回りました。

前日に見ていたこともあり、「私の作品はこれでね、○○を頑張ったんだよ!」とうれしそうに紹介していたり、何度も何度も作品を見に行く子もいましたよ☆

 

今までの頑張りを改めて見ることで、子どもたちの成長を感じることができた作品展でした!(^v^)