12月11日(金)幼稚園では、4週間の待降節を終え、クリスマス礼拝会~第1部みことばの祭儀~が聖堂で行われました。

「献金箱も持ってきたよ!」と、様々に工夫が施された心のこもった素敵な献金箱を祭壇のイエス様にお捧げし、祈りの時間が始まりました。

式を執り行ってくださったのは、元寺小路教会の李 錫(イ・ソク)神父様です。

お話の中で、「クリスマスは、ヨゼフ様、マリア様、イエス様という家族の形があり、家族である喜びが溢れていますね。皆さんも大切な家族のために、クリスマスはお祈りをしましょう。」と、心温まる大切なことを教えてくださいました。

4週間の待降節を過ごす中で、お祈りの言葉を唱えながら、自分にできることを考え、その心を大切にしてきた子ども達。

礼拝会では、みんなで心をこめてお祈りし、喜びの中で過ごすことができました。

今年度、礼拝会は、子ども達のみの参列となりましたが、「心のプレゼント」を通し、ご家庭で子ども達が家族の方々と共に過ごしてきた心温まる待降節を知ることができ、大変嬉しく感じております。

ありがとうございました。

これからも、一人ひとりの祈る心を大切に、過ごしていきたいと思います。