コロナ禍の中、無事に二学期を終えられたことに感謝しています。

二学期の年中さんは様々な活動に取り組んできました。

運動会ではパラバルーンに挑戦し一人ひとりの力を発揮し、成長した姿が見られました。

成功した時の子ども達の笑顔はキラキラと輝いていました★

夏休み前に植えたきゅうりやひまわりに外遊びのたびに率先して水をあげ、「大きくなあれ!」と、おまじないをかける姿はとても可愛らしかったです♡

今年度は皆で食べて味わうことはできませんでしたが、収穫したきゅうりを観察して絵に描くことで新しい発見をしていました。

 

ひまわりは、夏が終わり秋が感じられる頃に満開となり、子ども達の身長と同じくらいのひまわりを見て、喜びが溢れていました✿

その他にもクリスマスローズやパンジーを植え、きゅうりやひまわりの葉の感触の違いなどに気づき、自分たちで植え育てることの喜びを実感していました。

今年度の作品展の共同製作はイエス様の像をそれぞれの年限で作ることになり、年中さんは頭を担当して作っています。

それぞれのパーツを何で作るか、どのように作り進めるかなど、すべて子ども達で考え、意見を出し合いながら真剣な表情で頑張っていました。

 

また、作品展に向けた個人の製作では、玉ねぎの皮で布を染色しました。

ビー玉の上に布を被せ、モールでとめていく作業では、子ども達によって異なるモールのとめ方をし、出来上がりを楽しみに玉ねぎの皮の入った鍋に入れていました☆

作品展で、完成した子どもたちの作品を楽しみにしていただけたらと思います。

保護者の皆様、玉ねぎの皮のご協力ありがとうございました。

折り紙製作では、お月見をイメージしてうさぎを折りました。年少の頃とはレベルアップした折り方に少し苦戦しながらも自分の力で完成することができ、また一つ成長した姿を見ることができました。

絵画では自分の顔とにらめっこし、画用紙いっぱいに描くことで完成した頃には長かったクレヨンも短くなり、細かいところまで何度も鏡を見て頑張っていました!

その他にもみずほ先生、れお先生の英語やおだゆうこ先生の体操、エピ先生による宗教など、一つひとつ楽しみながら取り組む子ども達の姿が多く見られました。

様々な活動を通して少しずつ成長する子ども達の姿に接し、嬉しく思います。保護者の皆様には2学期も温かく見守っていただき、ありがとうございました。3学期もどうぞよろしくお願いいたします。良いクリスマス、良いお年をお迎えください!