保育証書授与式がありました

ご卒園おめでとうございます✿

清々しい青空に見守られて、昨日、無事に保育証書授与式を迎えることができました。

幼稚園で過ごした日々に思いを馳せながら、保護者の方と登園してきた年長さん達。

少し緊張している様子も見られましたが、素敵な笑顔を見せてくれましたよ^v^

保護者の方と別れて控え室に集まり、最後の確認を行うとシャキッとスイッチが入ったようでした。

沢山の保護者・御来賓・先生に見守られながら、いよいよ開式です!

回廊でマリア様にお捧げするカーネーションの花を持ち、まだかまだかと待っている時も、「まだかな~」とわくわくしている様子の子どもたち。

細い茎のカーネーションを優しくそっと持っていました。

保育証書授与では担任の先生に名前を呼ばれると、元気な声で「はい!」と返事をしていました。

壇上に上がり、園長先生から保育証書を受け取る姿は、とても輝いていましたよ☆

園長先生から保育証書を頂き、壇上から降りて通路で待っている保護者の方へ保育証書を渡す時に、保護者の方へ「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えており、心が温まる風景でした♡

保護者の皆様もその姿に幼稚園での日々が思い起こされたのではないでしょうか。

年長児全員が祭壇に並び、卒園式の歌『こころのねっこ』を元気いっぱいに歌いました♪

「♪たくさんのこと ここで過ごした毎日が 皆の心のねっこになった」という歌詞があるのですが、今まで幼稚園で過ごしてきた日々が、一人ひとりの心のねっこになってくれていればと思います。

 

沢山の方々に祝福されながら46名が卒園しました。

楽しいことばかりではなく、苦しいときや辛いときもあったかと思いますが、その日々はこれからの子どもたちの成長に繋がると思っております。

イエス様の教えを心に刻み、それぞれの道を歩んで欲しいと思います。

子どもたちの未来が温かく希望に満ちますように願っております。

 

卒園お茶会がありました✿

  • 2019-03-08
  • カテゴリ:年長

先月の18日、保護者の方をお招きし、年長児による卒園お茶会がありました。

卒園のお茶会に向けて、先生にお茶の作法を教えていただき、立ち方や歩き方、お茶の飲み方など練習してきた年長さんたち。

最初の頃は「お茶って苦い~!」「足が痺れて痛くなるんだよ~💦」なんて言っていたのに、練習を重ねる毎に、「今日はお茶のお稽古の日だ~♪」と楽しみな時間へと変わりました!

 

卒園お茶会当日、ホールで待っていた保護者の方々を茶室へご案内するところから始まったのですが、保護者の方と廊下で対面すると、何やら緊張し始める子どもたち…。

手を繋いで茶室の前に着くと、落ち着かない様子でもじもじしたり、近くのお友だちとはしゃいでいたりと、様々な姿が見られました。

でも…流石年長さん!

茶室に入るともじもじやはしゃいでいたのが嘘のように、背筋を伸ばしてシャキッとスイッチが入りました!

自分で点てたお茶を保護者の方の元へ持っていき、今までの練習の成果をお披露目です!!

スイッチは入ったけれど…やっぱり練習とは違う雰囲気に、少し緊張気味の子どもたち。

緊張のあまり、口が少し開いたままの子もいれば、教えて頂いた『畳のヘリや襖の敷居を踏まないように歩く』ということを意識しすぎて、お茶を持ったまま小さくぴょんと飛んでいたり、お茶をお出しして向かい合ってお辞儀をし合うところで、とある保護者と年長さんの頭がゴチンとぶつかってしまったり…(笑)

くすりと笑ってしまう微笑ましい雰囲気の中、行うことができました。

 

お茶会の最後には、子どもたちから保護者の方々へ「ありがとうございました」とお礼を言いました。

卒園までもう少し。様々な経験をして、卒園していってほしいと思います^v^

餅つき体験をしました!

先週の11日、ドミニコ学院幼稚園で日本の伝統行事である餅つきを行いました。

登園するなり、「今日餅つきだよね!!」と期待を膨らませていた子どもたち。

進級児は昨年度のことを覚えていて、「あんこ餅食べるんだよね~」と話をしている様子もありました。

 

今日、幼稚園に来てくださったのは岩手県の農家レストラン「夢見る老止(おとめ)の館」の出前餅つき隊、餅モチグループの方々です。

餅をつく時の踊りを見せていただき、その後、子ども用の小さい杵を両手で持ち、一人ひとり力いっぱい餅をつきました!


幼稚園のお友だちみんなの力で美味しく出来上がったお餅は、その後みんなで美味しく頂きました♡

持ってきた空のお弁当箱にあんこ餅と、お椀にお雑煮を頂き、みんなで一緒に「いただきます」!!

「美味し~い♡」と舌鼓を打つ子どもたち。

最初によそって頂いたあんこ餅はあっという間になくなってしまい、「おかわりまだ?」とたくさんの子に尋ねられました。

中には、お弁当箱に残ったあんこを指ですくったり、ぺろりと舐めている子も…(笑)


お餅を食べていると、びよ~~んと伸びている子も!


おかわりが始まると、何度もおかわりに行く子もおり、それぞれ自分のお腹と相談しながら美味しくいただきました☻

あんこが売り切れになり、おかわりが終わると、名残惜しそうにお弁当のあんこを指やスプーンですくって食べている子もおり、余程美味しかったんだなと感じました(*^v^*)

子どもたちのこの笑顔で、お餅の美味しさが伝わればと思います♪

イエス様のお誕生日をお祝いしました!

本当のクリスマスはまだ先ですが、12月14日15日にドミニコ学院幼稚園でイエス様のお誕生日をお祝いしました。

14日はクリスマス礼拝会。

昨年までは幼稚園で年限ごとに献金箱を作っていたのですが、今年はベースの形だけは決めて、装飾は各家庭でそれぞれイメージを膨らませて自由に献金箱を作っていただきました。

礼拝会までの間、保育室内でも「献金箱作ったよ!」「お金いっぱいたまってきたよ!」などたくさんの声が上がっていました。

聖堂に子どもたちが献金箱を飾ると、個性豊かな素敵な献金箱が並びました!

神父様のお話で、「皆の元へサンタさんは来るけれど、献金を通して貧しい方々へのプレゼントとなり、皆もサンタさんになることができるんだよ」というものがあり、静かに聞いていた子どもの中から、「そうなのか~…」と感嘆の声がぽつりと上がっていました。

その後、父母の会のコーラスのお母様方のミニミニコンサートがあり、♪もろびとこぞりて と ♪美女と野獣 の素敵な歌を聴かせていただきました。

もろびとこぞりては聖劇の中でも使われる曲のため、歌に合わせて踊る子もいれば、指揮の先生の真似をしてみる子どもたちもおり、それぞれ楽しみながら参加することができました。

 

15日は聖劇の本番の日。

それぞれの年限の控室に集まり、衣装に着替える子どもたち。



ちょっと緊張気味の子もいれば、興奮気味の子もいましたが、皆の気持ちは『絶対に成功させよう!』とひとつになりました!

 

聖劇が始まると、たくさんのお客さんにドキドキしながらも、精一杯練習の成果を発揮した子どもたち。

出番が終わり、控室に戻って着替えをしている子どもたちから、「お客さんいっぱいだったね~」「ちょっとドキドキした」「僕・私頑張った!」と様々な声がありつつも、子どもたちの表情はやりとげたという達成感に満ちていました!!

聖劇の経験を経て得ることのできた(できた!)の気持ちをこれからも伸ばしていってあげたいですね。

マリア組さん年少さん年中さん年長さん、保護者の皆様、お疲れ様でした!✿

生け花をしました✿(年長)

  • 2018-11-26
  • カテゴリ:年長

先日の13日に年長児がホールにて、七五三に向けて家族の方々への感謝の気持ちをお花に込めて、生け花の体験をしました。

 

ガーベラの花を使い、1本は皆お揃いの赤。もう1本は3色の内から好きな色を選び、やり方を教えていただきながら丁寧にお花を生けていきました。

講師の先生の説明を真剣に聞き、花を手に取る子どもたち。

 

花の茎を切る際に慎重に慎重に切る子もいれば、ダイナミックに2本まとめて切ろうとする子もおり、やり方は様々でしたが表情は全員真剣!!

「1本の花は高く、もう1本は低く」という言葉を思い返しながら、オアシス(吸水スポンジ)に刺していく子どもたち。

 



「どうやるといいのかな…?」と試行錯誤しながら、こだわりを持ち取り組む子もおり、それぞれ個性のある生け花が完成しました♪

完成した生け花に子どもたちの笑顔も咲きました✿

スイートポテト作り&収穫祭を迎えました♪

先日年長さんが収穫したたくさんのさつまいもで、昨日年中さんがスイートポテトを作りました!

高校生のボランティアのお姉さんたちにお手伝い頂いて、スイートポテト作り開始~!

事前にお母様方に蒸かして頂いたさつまいもを順番にマッシャーで潰し、形がなくなるまでギュッギュッギュッと頑張りました。

なかなか潰れなくて、やっている内に「手が疲れてきた~!」なんて言いながらも、「やめる」とは言わない子どもたち。
皆で潰すことで滑らかになったさつまいもを鍋に移して、火にかけながら卵・牛乳・バターを投入!小さく切ったバターを一人ずつ鍋に入れました。
投入したバターがとけたら、また子どもたちの出番!

熱い鍋に注意しながら、今度は木べらに持ち替えて、「おいしくな~れ!おいしくな~れ!」と魔法をかけながらまた順番にかき混ぜました♪

全員分の「おいしくな~れ!」の魔法がかかったら、アルミカップにスプーンで丁寧につめていきました。

なかなかうまくカップに入れることができなくて、「カップに入らないよ~!」と言いながらも、真剣な表情で手やほっぺにさつまいもをつけながら、頑張って幼稚園のお友だち全員分のスイートポテトをカップにつめました!

全部つめ終えたら、最後のお楽しみ♡待ちに待った味見の時間です!

スプーンに残ったさつまいもをぺろり♪

「あま~い!」「おいし~い!」とにっこり笑顔になりました(^v^)♡

 

そして本日、晴天に恵まれ、収穫祭を迎えることができました!

全園児と参加可能な保護者の方でお祈りをし、お米についての先生たちの劇を見ました。

お米はたくさん噛むと甘みが出るんだよ。だから味の濃いものばかりではなく、白米も食べてみてねというお話で、劇を見終わってから皆で一口サイズのおにぎりを食べました!

「おいし~い!」という声があちらこちらから上がりました。

その後、保育室に戻り昼食と一緒に昨日のスイートポテトを食べました!

美味しさに食べることに集中する子もいれば、「おいし~い♡」とにっこり笑顔の子もいて、おかわりもした子どもたちは満足気な様子でした✿

食べ物の恵みに感謝をして、これからもいろいろな物をいただいていきたいですね。

河原で自然探しをしてきました♪

先週の18日、晴天に恵まれた中で、園外の仲良しランド(ドミニコ小学校の小学生さんとの交流)として、小学生さんと一緒に広瀬川の河原へ行きました。

小学生さんと幼稚園児でペアになり、手をつないで学校や幼稚園の敷地を出て河原に向かったのですが、車道を歩いている中、お兄さんお姉さんから「あそこにクモがいるよ」や「もうすぐ着くよ」など、たくさん声をかけていただきました。

河原に着くと、手をつないで一緒に自然物を探すビンゴをしてきました♪

最初は大きいお兄さんお姉さんに緊張した様子の子どもたちでしたが、ビンゴの自然物を探している内に、徐々に表情がほぐれていき、仲良く笑い合う姿が見られました^^

ビンゴの『音がするもの』という題に、「草が踏むと音がする!」「お友だちの声(の音)が聞こえる!」「川の水が流れる音がする!」「車が走る音がするよ」などなど…豊かな発想に、聞いた大人が(なるほどな~!)と感心してしまいました。

また、『草むらの虫』の題では、たくさんの虫がいて、「虫、いたー!!」と嬉々として捕まえにいった幼稚園児に、小学生さんがたじたじになる場面も…(笑)

ビンゴ終了後、小学生さんは一足先に学校に戻り、幼稚園児はシートを広げてお弁当タイム♫

外で食べるお弁当は普段とはまた違う雰囲気で、楽しく食べることができました!

河原から幼稚園への帰り道、「トトロの道みたいだね」と教師が話すと、子どもたちが『♪さんぽ』の歌を口ずさんで歩いていたのですが、途中で歌が変更になり、次の曲は運動会の入場曲だった『♪にじのむこうに』でした。

子どもたちの中で運動会の時の思い出がしっかりと残っているのだなと感じた帰り道でした✿

大きなさつまいもが収穫できました!

先週の15日、年長児が5月に植えて育てていたさつまいもの収穫を行いました。

大きく育って土から顔を覗かせているものもあり、それを見た子どもたちは「早く(おいもを)掘ろうよ!!」とやる気満々!

うねの脇を先生がシャベルで掘り返すと、土の中からたくさん出てくるさつまいもに、子どもたちからは「「きゃ~!!」」という歓声が♪

数名で集まり、力を合わせて掘り返しました!
出てきたさつまいもはとっても大きくて、子どもたちの顔よりも大きいものも多くあり、持ち上げると「重~い!!」と言いながらも、嬉しそうな笑顔(^v^)

途中から年中さんや年少さんも応援に来てくれて、掘ったさつまいも見せてあげる姿も見られました。

バケツにいっぱいのさつまいもに、応援に来た年中さん年少さんも「わ~!いっぱい!」と歓声が上がりました♪

掘ったさつまいもはみんなで幼稚園の園庭まで運び、自分たちで水で洗いました。

泥だらけになりながら、そんなことも気にならないくらい集中していた子どもたち。

大きなさつまいもを収穫できて、とても良い笑顔ですね✿

年長さんが収穫したさつまいもは、収穫祭に向けて年中さんがスイートポテトを作ります♪

運動会頑張りました!大成功!!!

天候が危ぶまれた運動会でしたが、子どもたちのお祈りが届いたようで、暑すぎずほど良い天候の中、運動会を行うことができました。

全員、やる気に満ち溢れた表情で登園した子どもたち。自分の演技の順番をまだかまだかと待っていました。

運動会のテーマは『みんなでつなごう!虹色の輪』

 

年少さんはかわいいお花を頭に、動くたびにリズミカルに鳴る鈴を足に着け、手にはポンポンを持って元気いっぱいに踊りました♪

満3歳のマリア組さんたちは『てんとうむしたちのおはなし✿』保護者の方とてんとうむしに変身して、仲良しなてんとうむし親子になりました♪

年中さんは、パラバルーン。大きなパラバルーンを2クラスずつで持ち、息を合わせて行いました!演技のフィナーレで小さいボールとポンポンがきれいに空中に飛び、お客さんからは「おお~!!」と歓声が上がりました。

 

年長さんは、組体操とリレーの2つを頑張りました!

リレーでは、それぞれのクラスで走る順番を相談して決めました。最初はバトンの受け渡しや動き方がスムーズにできず、戸惑う様子が見られたのですが、練習を重ねる内に自分たちでしっかりと動くことができるようになりました。

「他のクラスには負けたくない!」と他のクラスを意識して、練習に励む姿が見られました!

組体操の練習を始めたばかりの頃は、体をどのように動かしたらこの形になるのか、これまであまり使ったことのない体の筋肉を動かすことの難しさを感じる中で、必死に耐える姿があり一定の時間、形を保つことが大変だった子どもたちでしたが、日々繰り返し練習を積み重ねていく内に自分の力を少しずつ感じながら、周りの友だちと呼吸を合わせ、だんだんと技の形が体に染みこんでいきました。

組体操のピラミッドでは、重くて崩れてしまったり、辛い顔を見せる姿も見られましたが、練習を重ねていく内にしっかりと腕を伸ばしたり、互いの背中をくっつけて土台を作るようになり、(絶対に成功させるぞ!!)という気持ちが伝わってくるようになりました。
最後の全員技はきらきらのポンポンを皆で揃えて空中に投げる花火。

「「やー!」」と声を揃えて、息も揃えて、きれいな花火が上がりました!!

それを見ていた年中さんが「年長さんすごい!」と憧れの気持ちを更に強くしたようです。

運動会の最後には、全員でポンポンを持ってダンスをし、七色の虹がかかりました。

長い運動会の疲れも見せず、元気いっぱいに踊ることができましたね!

園長先生から頂いたメダルやカップをうれしそうに眺める子どもたちの笑顔が、メダル以上に輝いて見えた運動会でした☆

今日は産休中の先生や昨年幼稚園を離れた先生方も応援に来てくださいました!

美術館へ創作に行きました!(年長)

遅くなってしまいましたが、夏休みが明けたばかりの8月28日29日に、年長児で美術館創作活動を行いました。

当日はあいにくの天気でしたが、レインコートを着て、トトロに会えるという『トトロの森』を探索しました。

その後、創作室に入り、土粘土の創作体験を行いました!

袋から出てきた粉に触ってみて、感触を楽しむ子どもたち。

触っている内に手や足が真っ白になっている子もおり、まるで『七ひきの子ヤギ』のオオカミの白い手みたいですね♪

ふわふわの粉をドーナツの形にして、中央に水を少しずつ入れていくと、段々と粉が泥に変わっていく様子に「きゃ~!」という歓声が上がりました!

集中して粘土をこねている内に、手や足が粘土だらけになって、いつの間にやらまるで象の足みたいになっているけれど、そんなことも気にならないくらい、楽しみながらこねこね♪

こねた粘土でそれぞれ好きな形を作りました。うさぎやきょうりゅうを作る子もいれば、自分の顔より大きなだんごを作る子もおり、思い切り楽しんでいました♪

その後は、自分のてのひらサイズのだんごを作り、記念にお持ち帰り✿

 

そして楽しんだ後は皆でお片付け開始!

ホースで水が流れる中、床をたわしでゴシゴシ…広い床をみんなで一生懸命磨きました!

床がきれいになった後は、自分をきれいに洗って片付け完了★

 

「楽しかった~!またやりたい!!」と充実感いっぱいに過ごすことができた一日でした♪

TOP