保育証書授与式がありました

ご卒園おめでとうございます✿

清々しい青空に見守られて、昨日、無事に保育証書授与式を迎えることができました。

幼稚園で過ごした日々に思いを馳せながら、保護者の方と登園してきた年長さん達。

少し緊張している様子も見られましたが、素敵な笑顔を見せてくれましたよ^v^

保護者の方と別れて控え室に集まり、最後の確認を行うとシャキッとスイッチが入ったようでした。

沢山の保護者・御来賓・先生に見守られながら、いよいよ開式です!

回廊でマリア様にお捧げするカーネーションの花を持ち、まだかまだかと待っている時も、「まだかな~」とわくわくしている様子の子どもたち。

細い茎のカーネーションを優しくそっと持っていました。

保育証書授与では担任の先生に名前を呼ばれると、元気な声で「はい!」と返事をしていました。

壇上に上がり、園長先生から保育証書を受け取る姿は、とても輝いていましたよ☆

園長先生から保育証書を頂き、壇上から降りて通路で待っている保護者の方へ保育証書を渡す時に、保護者の方へ「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えており、心が温まる風景でした♡

保護者の皆様もその姿に幼稚園での日々が思い起こされたのではないでしょうか。

年長児全員が祭壇に並び、卒園式の歌『こころのねっこ』を元気いっぱいに歌いました♪

「♪たくさんのこと ここで過ごした毎日が 皆の心のねっこになった」という歌詞があるのですが、今まで幼稚園で過ごしてきた日々が、一人ひとりの心のねっこになってくれていればと思います。

 

沢山の方々に祝福されながら46名が卒園しました。

楽しいことばかりではなく、苦しいときや辛いときもあったかと思いますが、その日々はこれからの子どもたちの成長に繋がると思っております。

イエス様の教えを心に刻み、それぞれの道を歩んで欲しいと思います。

子どもたちの未来が温かく希望に満ちますように願っております。

 

卒園お茶会がありました✿

  • 2019-03-08
  • カテゴリ:年長

先月の18日、保護者の方をお招きし、年長児による卒園お茶会がありました。

卒園のお茶会に向けて、先生にお茶の作法を教えていただき、立ち方や歩き方、お茶の飲み方など練習してきた年長さんたち。

最初の頃は「お茶って苦い~!」「足が痺れて痛くなるんだよ~💦」なんて言っていたのに、練習を重ねる毎に、「今日はお茶のお稽古の日だ~♪」と楽しみな時間へと変わりました!

 

卒園お茶会当日、ホールで待っていた保護者の方々を茶室へご案内するところから始まったのですが、保護者の方と廊下で対面すると、何やら緊張し始める子どもたち…。

手を繋いで茶室の前に着くと、落ち着かない様子でもじもじしたり、近くのお友だちとはしゃいでいたりと、様々な姿が見られました。

でも…流石年長さん!

茶室に入るともじもじやはしゃいでいたのが嘘のように、背筋を伸ばしてシャキッとスイッチが入りました!

自分で点てたお茶を保護者の方の元へ持っていき、今までの練習の成果をお披露目です!!

スイッチは入ったけれど…やっぱり練習とは違う雰囲気に、少し緊張気味の子どもたち。

緊張のあまり、口が少し開いたままの子もいれば、教えて頂いた『畳のヘリや襖の敷居を踏まないように歩く』ということを意識しすぎて、お茶を持ったまま小さくぴょんと飛んでいたり、お茶をお出しして向かい合ってお辞儀をし合うところで、とある保護者と年長さんの頭がゴチンとぶつかってしまったり…(笑)

くすりと笑ってしまう微笑ましい雰囲気の中、行うことができました。

 

お茶会の最後には、子どもたちから保護者の方々へ「ありがとうございました」とお礼を言いました。

卒園までもう少し。様々な経験をして、卒園していってほしいと思います^v^

TOP