校長メッセージ

Message

聖ドミニコ学院小学校
校長

土井 智子

新年を祝って

2020年1月

新年あけましておめでとうございます。
子供たちから、たくさんの嬉しい年賀状をいただきました。新しい年を迎えて、抱負を書いた子供たちの字を見ていると、ひとりひとりの思いが伝わってきます。卒業生からも年賀状をいただきました。親元を離れて初めて一人暮らしをしたことを伝えてくれたり、いよいよ就活が始まることに向けての決意を述べてくれたり、フィンランドから帰国して日本で生活を始めたと報告してくれたり…もう、会うことが難しくなっていく卒業生が、それぞれの近況を知らせてくれます。年賀状を送り合うという習慣がなければ、聞くことができなかった卒業生の思いが伝わります。

ラインなどのアプリを使ってリアルタイムで連絡を取り合える現代にあって、年賀状を出し合うという習慣はすたれてきたと言われています。新年が明けた瞬間に連絡できるのに、12月中に葉書を書かなければ届かない年賀状はまどろっこしく、スマートではないと思われているのかもしれません。儀礼的で無駄な習慣だという考えも理解できます。けれども、年賀状でつなぐ思いがあるということも事実です。
交流活動を行っている特別養護老人ホーム『洛風苑』のお年寄りや職員の方々に、子供たちは毎年クリスマスにカードを送り、元旦に届くように年賀状を出しています。以前、職員の方に「お年寄りの中には、ドミニコの子供から届く年賀状が唯一という方もいらっしゃいます。『私は、覚えてもらっている』というはげみにもなっています。」と、言っていただいたことがあります。子供たちは、まだ大人の誘導に沿って年賀状を書いているともいえるでしょう。けれども、丁寧に仕上げられた年賀状は、受け取る側に微笑みをもたらします。自覚がなかったとしても光となる行動をとることができます。そして、ずっと前に卒業した小学校の教師に、近況や思いやりのある言葉を送ってくれる習慣を持つ人へと成長してくれているのです。一つ一つの経験が、子供を育てています。

2020年も、ひとりひとりの子供に丁寧に働きかけ、小さな体験を大切にできる学校でありたいと願っております。今年も、皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

校長メッセージ バックナンバー

2020年

1月
新年を祝って

2019年

12月
11月
教皇様の来日に寄せて
10月
対話
9月
日常の生活を保つために
7月
プラスチックごみ問題を通して
6月
大人として
5月
読書の時間
4月
ランドセルから見えてきたこと
3月
春に
2月
「漢字一字」に込める思い
1月
言葉の力

2018年

12月
クリスマスを祝いましょう
11月
死者の月
10月
信じる
9月
日常の生活を保つために
7月
出来ない不安,出来た喜び
6月
・・・のために
5月
「関わり」を通して見えること
4月
共に目指すこと
TOP