学校法人 聖ドミニコ学院

建学の精神/沿革

建学の精神/沿革

建学の精神

学校法人聖ドミニコ学院はカトリック精神に基づき、「真理」をモットーとして、神の生命に生きる人間形成に献身する「聖ドミニコ女子修道会」を母体として創立されました。

神の前に平等な人間として、互いに兄弟姉妹として他を大切にしつつ、一人一人が人間性豊かに生きることのできる社会の建設に貢献できる人間を育成することこそ、本学院の建学の精神であります。

本学院において「カトリック精神」とは、「神の愛である」と考えております。
 「真理」とは「神を知ること」と解釈しています。さらに説明を加えれば、「本ものの追求であり、最終的には愛である神と、神に愛されている自分及び他の総ての人を含む世界を発見し、その理解に従って行動すること」です。

建学の精神イメージ

沿革

聖ドミニコ学院は1931年、フランス、カナダ、アメリカから5人の修道女が来日したことから始まります。それぞれ自分の祖国を離れた修道女たちは、神のみことばを伝えることに大きな喜びを持ち、来日した2ヶ月後には、近隣の子供たちを相手にたどたどしい日本語でローマ字やキリスト教の福音を教えました。この献身と奉仕に生きる修道女たちの周りには、やがて幼いいのちが集い、過酷な戦時下をともに生き抜いたのです。

こうした活動を母体に、1953年、5人の修道女の1人であるメール・アニエス・デ・ザンジュによって学校法人聖ドミニコ学院が創立されました。

来日した5人の修道女たち

来日した5人の修道女たち

メール・アニエス・デ・ザンジュ

メール・アニエス・デ・ザンジュ

1931年
本部より5人の修道女が来日
仙台に修道院を設立
1933年
暁の星学院(外国語教育)を設立
1937年
暁の星幼稚園(現在の聖ドミニコ学院幼稚園)を開園
1949年
私立北仙台幼稚園(現在の聖ドミニコ学院北仙台幼稚園)
を開園
1953年
聖ドミニコ学院創立
聖ドミニコ学院小学校設立
1959年
聖ドミニコ学院中学校を設立
1960年
聖ドミニコ学院高等学校を設立
1983年
聖ドミニコ学院創立30周年
新校舎落成
1990年
聖ドミニコ学院高等学校創立30周年記念式典
新体育館落成
2003年
聖ドミニコ学院創立50周年記念式典
2009年
聖ドミニコ学院中学校再開
2010年
ヴェリタス館(ドミニコ聖堂)落成
聖ドミニコ学院高等学校設立50周年記念式典
2013年
聖ドミニコ学院創立60周年
来日した5人の修道女たち

来日した5人の修道女たち

メール・アニエス・デ・ザンジュ

メール・アニエス・デ・ザンジュ

世界に広がる聖ドミニコ学院

現在、国内外に多数の姉妹校を持ち、活発な交流活動を行っています。


国内:東京、京都、都城
国外:イタリア、フランス、スペイン、ベルギー
スイス、ブラジル、カナダ、アメリカ
オーストラリア、アフリカ(ベナン)

世界に広がる聖ドミニコ学院
PAGE TOP